歴史

キャットフードの食事療法食にはどんな種類がある?

最近では数多くの種類のペットフードが市販されていますが、その中には食事療法食というものがあります。
健康維持や病気の治療を目的に獣医さんからの処方されるのが食事療法食ですが、ここではキャットフードの食事療法食について紹介していきます。

見た目では判断できないかもしれませんが、急に餌を食べなくなったり、便などに異常があれば、猫も内蔵疾患などの病気になっているかもしれません。
また高齢の猫は、人間と同じく関節痛など整形的な病気を抱えている可能性が高くなります。
猫の体をつくるのは食事で、病気になれば人間と同じように食事療法が必要になる場合もあります。
最近では肥満になる猫も増えていて、肥満は病気のもとなので、病気になる前に肥満を解消させるためにも食事療法が必要になります。

本来は飼い主が猫ちゃんに合わせた食事を作ってあげればいいのでしょうが、忙しい人には簡単にはできることではありません。
そこでいろいろなメーカーが販売している食事療法食を利用することがおすすめとなります。

食事療法食以外にも、キャットフードにはいろいろな種類があります。
例えば猫に必要な栄養素を全て配合している総合栄養食や、猫ちゃんのおかずとして販売されている一般職があります。
そして療法食は、特定の病気や肥満への食事療法として使用されるモノで、特別特別療法食などと呼ばれることもあります。

いろいろな病気があるように、食事療法食にも病気に合わせて様々な種類が販売されています。
糖尿病用、尿路結石予防用、肥満防止用などがネットショップやホームセンターなどでも普通に販売されていますが、自分の判断だけでそれを猫ちゃんに与えてしまうことはかなり危険なことだと理解しましょう。
実際に獣医さんの処方がなく療法食を選んで与えてしまったことにより、体調が悪化したり他の病気になった猫はたくさんいます。

このように、食事療法食とは健康維持や肥満の解消などの目的で獣医さんから処方されて与えるキャットフードのことで、飼い主が独自の判断で購入して与えることがしないように気を付けましょう。